離婚に関する無料相談実施中!

カウンセラー資格持つ行政書士が離婚協議書作成から夫婦問題の相談まで徹底してサポートします。
※納得できる協議書ができるまで何度でも無料で内容変更します。

離婚相談と夫婦問題で当事務所が選ばれる3つの理由


離婚カウンセラーの資格を持つ行政書士が対応

離婚は法律的な問題だけでなく、様々な手続きや問題が複雑に絡んできます。行政書士として的確に法律的なアドバイスをさせていただきつつ、離婚カウンセラーとして法律以外の感情面もサポートさせていただきます!

土日祝日夜間、全国どこでも出張いたします

お忙しい平日だけでなく、土日祝日夜間までも対応させていただきます!お電話一本で県内どこでも出張にいきますので、お気軽にお電話ください。

一番のお客様の味方になります

離婚の問題を抱えている方は、不安、恐怖などを感じている方も多くおります。当事務所では、「一番のお客様の味方になること」をポリシーにしています。お気軽にご相談ください!

寄り添う離婚コンシェルジュの業務紹介


離婚協議書作成

59,800円(税別)
お申し込み

公正証書による離婚協議書作成

79,800円(税別)
お申し込み

離婚・夫婦問題カウンセリング(90分)

14,800円(税別)
お申し込み

離婚に関する相談から解決までの流れ


公正証書による離婚協議書作成の場合

STEP1. お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。些細なことでもお答えさせていただきます。

STEP2. 対面でのお話し合い

お会いいたしましたら、まずは現在の状況を確認するために現状把握のシートを一緒に埋めていきましょう。このシートを元にして今後の方針を考えていきます。

STEP3. 離婚協議書の原案の作成

離婚協議書の原案を当方で作成いたします。

STEP4. 協議書の原案のご確認

協議書の原案をお見せいたしますのでお客様にご確認していただきます。

STEP5. ご確認・修正・合意

協議書の内容をご確認いただき修正したい部分がありましたら当方と話しあいの上で随時修正していきます。 最終的に合意が得られるように内容を修正していきますのでご安心ください。

STEP6. 離婚協議書の完成

お二人の合意が得られましたら離婚協議書を完成系として作り上げていきます。
※公正証書による離婚協議書を選択しない方はこの段階で離婚協議書が完成となります。

STEP7. 公証人との打ち合わせ

公証人と打ち合わせ、離婚協議書を公正証書にする手続きをいたします。このときに日時等のご予約もしておきます。

STEP8. 当日

当事務所の担当行政書士とともに公証役場にて手続きをしていただきます。お時間は1時間程度を見ていていただくと安心です。

STEP9. 報酬のお支払い

すべて解決されましたら、報酬のお支払いをお願い致します。現金または指定口座へのお振り込みになります。
※この後で離婚届けを提出していただいて協議離婚は完成となります。お疲れさまでした。

離婚カウンセリングの場合

STEP1. お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

STEP2. ご予約

2時間のカウンセリングとなりますのでご都合をよい日時をご予約ください。

STEP3. 面談

基本は当事務所でのカウンセリングとなります。出張ご希望の方はご予約の際にお申し付けください。

STEP4. 報酬支払い

報酬を現金またはお振り込みでお支払いいただきます。

STEP5. 次回のご予約

次回のご予約がある場合にはご予約しておいていただけると安心です。

寄り添う離婚コンシェルジュ代表挨拶



夫婦のお悩み解決コラム

年金分割を考える

年金分割制度を理解しよう question: 2007年度から年金分割制度が導入されたことは、新聞やニュースなどで報道されているので、なんとなく存在は理解しています。...

慰謝料の対象は配偶者だけ?

慰謝料の請求を相手の両親に対して行うことは可能か? question:慰謝料を相手の両親に請求したい 離婚の話が出ており、話をしている段階で、夫が突然失踪してしまい行方がわからなくなってしまいました。...

婚姻費用の分担の問題

婚姻費用の分担義務について考えよう question: 現在は離婚についての話し合いを行っている最中ですが、実際に話し合いをしてみるとなかなか進まないことにかなりストレスが溜まっています。...

悪意の遺棄とはどういうものか?

離婚原因になる悪意の遺棄とは? 夫と妻が両者ともに負担するルールとして、夫と妻は同居、協力、扶助の三つの義務を遂行しなければいけないことになっているのです。 上に記載した3つの義務を正当な理由なく故意に履行しないことを、法律用語では「悪意の遺棄」と呼んでいます。...

親権と監護権の分離

親権と監護権の分離 海外では離婚した後も両親が共同で親権を持つことができる共同親権を認めている国も存在しています。 しかし、日本では共同親権を現在の法律の中では認めていませんので、未成年の子供を有する両親の離婚に際しては、父親と母親のいずれか一方を子供の親権者として定める必要があります。...

親権者と未成年の子の利益がぶつかる時

親権者と未成年の子の利益相反行為および特別代理人の選任 未成年の子と親権者の利害関係が対立(利益相反)し、親権者による公正な親権の行使が期待できない場合には代理権の行使は制限されることになり、特別代理人の選任が必要となってきます。 特別代理人を選任する理由は、未成年の子の犠牲のうえで親権者が利益を得ることを防止することによって子の利益を保護することが目的です。...

ありがとうございます

メール相談をいただいたお客様になります 寄り添う離婚コンシェルジュからお客様への最初の質問になります ・あなたの年齢(妻)...


離婚に関する無料相談実施中!お問合せ下さい!

事務所紹介

事務所紹介

  〒722-0022
広島県尾道市栗原町11660−8
行政書士事務所Licht(リヒト)
  0848-36-5176
  090-7098-9052
  info@licht1.com

SNS