ギャンブル好きの夫が多額の借金を抱えています、離婚したいのに応じてくれない

夫は会社の倒産で仕事を失って以降はパチンコ、競馬、競輪などのギャンブルにのめり込む様になりました。

共働き夫婦なので生活費は私が稼いでいるのですが、私の財布からもお金をこっそりと持ち出してはギャンブルにつぎ込んでいます。

さらにはそれでも足りずに消費者金融に借金をしてまでギャンブルにのめり込む完全な中毒のような状況です。

最近ではついに子供の学校の費用にまでも手をつけるようになってしまいました。

私がどれだけ止めても夫はギャンブルを止めようとすることはなく、このままでは家庭が完全に崩壊してしまいます。

私としては子供を守るためにも離婚したいのですが、夫は離婚の話をしても離婚には応じてくれません。

このような場合には離婚はできるのでしょうか?

家庭を顧みないのであれば悪意の遺棄に該当すれば離婚が認められます

日本の法律(民法)では夫婦は同居し、互いに協力して扶助しなければならないと夫婦の義務を定めています。

会社が倒産するという不幸な出来事があったとはいえ、その後は仕事をすることなく、ギャンブルにばかりのめり込み、子供の学費などにも手をつけてしまった夫の行為は、法律で定められた夫婦の義務に著しく反している悪意の遺棄であると判断される可能性が非常に高いでしょう。

夫が離婚を拒否しているということは、話し合いで決着をつける協議離婚は難しそうなので、一刻も早く離婚に向けて動き出したいのであれば、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行いましょう。

その時には調停申立書というものに記入することになりますが、必要事項に夫が日常的に経済観念が破綻しており、仕事はすることなく、不動産や有価証券などの資産があるわけでもないのに、子供のの学費など家族の日常生活に必要なものまでもギャンブルで消費してしまっているという事実を詳細に記載しておきましょう。

調停は夫が出席しなければ不成立となってしまい、調停での離婚が決まらないことになりますが、日本では調停不成立の場合には離婚裁判へと移行しますので、裁判で夫の状況が証拠として提出されれば、ほぼ間違いなく離婚が認められる判決になると思われます。