再構築なら浮気相手を別れさせよう

配偶者の浮気が判明しても、離婚を選択しないで夫婦関係を再構築したいと思うのであれば配偶者と浮気相手を別れさせないといけません。

ここでは浮気をしている配偶者に対して行える方法に加えて、浮気相手に対して行える方法、さらにはどうにもならないときの最終手段も紹介していきます。

浮気をしている配偶者(夫または妻)に対して行う方法

★配偶者の上司を利用しよう

配偶者の職場の上司に相談しましょう。

相談する上司はよく選ぶようにし、上司本人が浮気をしているような場合や、配偶者のことを仕事で重用していない上司には相談しないようにしましょう。

配偶者がモラルに反する浮気をしていて、もし発覚した場合に社内の規定で退職に追い込まれると仕事上も困ると思ってくれている上司に相談するようにしていきましょう。

最初は直属の上司に相談し、その上司からさらに上の上司へと相談し、情報を拡散させていくように動いていきましょう。

相談するときに強調すべき点は仕事になります。

本来会社の上司は部下であったとしてもプライベートなことには口は出さないでしょうが、浮気を継続して浮かれたままだと仕事にも絶対に今後支障が出てくることになると訴えるようにしましょう。

例えばですが、仕事中でも常に携帯を気にして仕事をおろそかにしているや、仕事時間中に抜け出して浮気相手と電話で話しているなど、会社の業務にマイナスになることを伝えるようにしましょう。

最後には仕事に打ち込んでもらうためにも、配偶者が浮気相手と別れるように忠告してもらえないかお願いしましょう。

★配偶者の親を利用しよう

配偶者の両親に相談してみましょう。

その時に注意する点は、配偶者の両親にとっては、浮気をされて困っているあなたよりも浮気をしている配偶者の方が実の子供である以上はかわいいのだということを認識したうえで話をするようにしましょう。

そうなると話で強調するときには、このまま浮気をしていると、両親の子供(配偶者)がかわいそうということをわかってもらうようにしましょう。

配偶者が浮気相手に騙されているということを信じてもらえるようになれば、配偶者の浮気をたしなめてくれるのではないでしょうか。

配偶者の両親が浮気をしている子供に対して怒りを覚えてしまえば、浮気相手と別れさせるためには早くなるでしょう。

★子供がいるなら学校の教師を利用しよう

子供に影響が出る可能性が高いので、おすすめするやり方ではありません。

まずはそこはしっかりと認識しておいてください。

ですが、どうにもならないときは学校の教師に親の面談になどに子供が元気がないのだが家庭でなにかあったのかと質問をしてもらうと浮気をしている本人であれば、浮気が原因でないかと心当たりがあるでしょうから間違いなく気にするようにはなるでしょう。

ですが、この方法は子供たちの社会に親の問題を持ち込んでしまうので、気を付けて動くことも必要になりますし、教師によっては浮気をしている親を軽蔑して協力してくれないこともありますので、なるべくやめておいたほうがいい方法かと思われます。

浮気相手に対して行う方法

★浮気相手に対して直に話す

浮気相手の情報が完全にわかっているのであれば、直接話を付けに行くことも方法として存在します。

浮気されているあなたは配偶者と夫婦関係にありますので浮気相手に対して、法的に自分の権利を主張できる立場にありますので強気で攻めていきましょう。

浮気をしている相手には慰謝料請求もできますので、慰謝料を請求しないので別れてくれないかなど、交渉をうまい具合に行って配偶者と別れさせるように持っていきましょう。

★浮気相手の両親に話す

浮気相手の両親に話す方法もあります。

浮気相手にとって両親は非常に弱点になります。

自分の育てた子供が既婚者と浮気をしている事実を知って平静でいられる両親というのは、あまりいないでしょうから、浮気の事実を知らされれば、あなたの味方になってくれるでしょう。

またここでも浮気相手と話すときと同じように、慰謝料を請求するということを話しながら浮気相手が別れてくれるように、話をするのは効果的でしょう。

子供が浮気で慰謝料を支払うことにならないように両親が動く可能性が高いでしょうから、配偶者と対決してでも別れさせる行動にでるかもしれません。

しかし、そこにあなたの存在はありませんので、別れた怒りはあなたではなく、浮気相手の両親に行く可能性が高いでしょう。

情報を知らせるときに、自分のことを秘密にしてもらうことは、忘れないようにしておきましょう。

★ダブル不倫なら浮気相手の配偶者に話をする

既婚者同士のダブル不倫の状態であることがわかったのであれば、浮気相手の配偶者に浮気の事実を伝えると効果的になります。

この場合には相手が信用しない場合もあるでしょうから、あなたが探偵に依頼して浮気の決定的な証拠をつかんでいるようなら、証拠を見せることで事実を突きつけることが有効になるでしょう。

ダブル不倫は配偶者に知られることが浮気相手には最も困ることです。

浮気相手の配偶者は浮気相手に対して浮気をしたという不貞行為に対して慰謝料を請求する立場を得ることになりますし、状況によっては離婚にまで発展することもあるかもしれません。

最後の手段の別れさせ屋に依頼する

探偵とは異なりますが、別れさせるために依頼する別れさせ屋を利用するのは最終手段として考えておきましょう。

別れさせ屋は期間も不定期ですし、何しろ長期にわたって工作を依頼するようであれば、金銭的な負担もバカにならないものになります。

プロですから成功率は高いでしょうが、人間の心に100%ということはありえませんので、リスクはあると思った上で依頼しましょう。

後、業者によっては困っている人に付け込んで騙すようなところもありますので、くれぐれも慎重に。