外国人の妻が里帰りしたまま戻らなくなりましたが離婚できますか?

外国人の妻と結婚しましたが、3年ほど前に本人が里帰りしてくると言って母国へと帰ってしまいました。

当初はある程度の期間滞在すれば日本に帰国するものと思って安心していたのですが、一向に帰ってくる気配がありません。

私がいい加減我慢ができなくなり妻のほうへ帰国の意思を連絡したところ、日本に帰ってくるつもりはないと言われていしまいました。

私は日本に帰ってくるつもりがないのであれば離婚をしてほしいとお願いしましたが、妻のほうが私の国では離婚が禁止されている国なので離婚をすることはできないと言われる始末です。

このままでは私は離婚もできないので当然再婚はできないことになってしまいます。(日本は重婚禁止です)

どのように解決ができるでしょう?

日本の法律が適用されるので離婚は可能です

相手の国が離婚が禁止されている国の場合には、その国の国民の皆様には日本をはじめ離婚が認められている国の国民のように離婚などという概念が最初からありません。

日本に住んでいる皆様には驚くでしょうが離婚を禁止している国は今現在も存在しているのです。

離婚禁止の国でその国の裁判所に離婚を認めてくれるような訴えを起こしたとしても、国が離婚を禁止しているのですから外国人の日本人が離婚を認めてくれるように訴えたとしても離婚が認められることはありません。

離婚が禁止されている国の国民同士であれば離婚が認められることはありませんが、配偶者の一方が日本人の場合には離婚が禁止されている国の法律ではなく、日本の法律を適用することが認められていますので、日本の法律(この場合は民法)に従って手続きをすれば離婚は可能となります。

夫と妻の双方が離婚で同意しているのであれば母国に滞在している妻に離婚届けを送付するか、直接相手の元に持参して離婚届けに署名と押印をしてもらったうえで、その届を日本の市区町村役場に提出すれば日本国内での離婚は成立しますので、再婚も可能になります。

合意の上で離婚する場合には国際結婚であろうとも離婚協議書は必ず作成しておきましょう。

そして協議書は必ず後から証明できるように公正証書での作成を当事務所ではお勧めをしています。

離婚の合意ができていない場合には日本人同士と同じように調停に進みます。

そして調停でもダメな場合には最終手段としての離婚裁判ということになります。

子の場合には妻が母国から帰国しないので、当然調停の日にも出席する可能性は低いと思われますので調停不成立で裁判に進む可能性が高いでしょう。

裁判でも妻のほうが全く裁判に出廷しないようであれば、夫婦関係破綻と裁判で判断されて離婚が認められるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA