夫がリストラ後働かないので別れたい

2015-10-01

夫がリストラされてからブラブラとやる気がなく働かない。別れることは可能か?

大手企業の管理職であった夫が3年ほど前に会社の事情によりリストラにあいました。

リストラ直後しばらくは本人はショックで家でふさぎこんでいました。

数ヵ月後から、なんとか立ち直ったのか就職活動を始めました。

ところが就職活動をするものの、なかなか夫の希望する職業が見つからず、そのことでやる気を失ったのかショックだったのかは不明ですが最近では就職活動をすることがなくなり家でブラブラと過ごしています。

私が見かねてアルバイトでもいいので何か仕事をしてみたらどうとアドバイスしてみると、夫はプライドが邪魔をするのでしょうか、この俺にアルバイトみたいな仕事ができるわけないだろうと言って怒られます。

現在は私のパートのお給料とこれまでの夫婦の貯金を使いながら生活をしていますので、なんとか成り立っていますが、貯金のほうもいずれは底をつくことは非を見るより明らかです。

将来が不安なままでこのまま生活をしていくのは限界です。

このような理由で離婚は可能なのでしょうか?

夫に今の生活態度を改める気持ちがなく現在の生活が続くと判断されると離婚が認められます

日本の法律(ここでは民法)では夫婦は同居し、互いに協力し、扶助しなければならないと書かれています。

このケースの夫はリストラ後は家でブラブラとしているだけですので、明らかに先ほどの法律の中の義務に反していることになるでしょう。

夫が今後の生活が苦しくなることが目に見えていながら、健康上の理由もなしに家でブラブラとするような生活を続けているのであれば、法律上の悪意の遺棄というものに該当するとして離婚が認められることになるでしょう。

とはいうものの、いきなり離婚を言うのも気が引けるというのであれば、夫と話し合いを持ち、現在の収入と貯金などを見せながら現在の状況だと厳しくなるということを夫に示したうえで、それでも夫が就職活動もせずに家でブラブラとする生活を続けるようであれば、離婚に向けて動き出すのが正解であると思われます。

Top