養育費を払っていますが妻が再婚して裕福な生活を送っていますが、それでも養育費は支払いつづけるの?

5年前に、妻が娘を引き取ることを約束して協議離婚しました。

その後、数年が経過し、娘から妻が再婚したという事実を知らされました。

妻の再婚相手の男性は起業家で事業に成功しており、娘も妻も標準以上の生活を送れているようです。

私のほうは、離婚後から決して高くない給料の中から娘の養育費として毎月5万円を支払っています。

しかし、ここ最近は勤務先の会社の業績が悪化しており、そのために残業代もカットされ、ボーナスのほうも減額は確実で、果たして出るかどうかも微妙な状況です。

私が経済的に苦しい状況にも関わらず、再婚して経済的に恵まれている妻に対して、これからも同じように毎月5万円の養育費を支払う必要があるのでしょうか?

私としては妻が再婚しており、娘が不自由のない裕福な生活を送っていますので、可能であれば養育費を減額してほしいと思うのですが、一度決めた養育費の額を変更するようなことは可能でしょうか?

話し合いの結果によるでしょう。話し合いが決裂するなら調停を申し立てましょう

親には子供が成人するまでは扶養する義務があります。

離婚によって一緒に暮らさなくなったほうの親は養育費という形で扶養するという義務を果たさなければなりません。

養育費は、子供を実際に養育している元配偶者(このケースでは元妻)へ支払うお金のことです。

元妻が再婚して裕福な生活を送っているという状況になったとしても、子供と妻の再婚相手が養子縁組をしない限りは子供の戸籍上の父親は変化することがなく、子供の生活保持義務も父親にあります。

養育費というのは、あくまでも子供のための費用であって決して離婚した相手に支払うものではありませんので、ここは勘違いしないようにしましょう。

養育費と慰謝料は全く性格も支払う相手も違うものです。

ただ、養育費の毎月5万円という負担が重い元夫が存在するなかで、元妻と娘が再婚相手の経済力で恵まれた生活を送っているのであれば、養育費の減額を請求することは可能です。

養育費の減額を求めたいのであれば、まず養育費の支払いが厳しいということを元妻に話してみるといいかと思います。

その話し合いのなかで養育費の減額についてお互いの合意が得られないようであれば、家庭裁判所に養育費減額の調停を申し立てることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA