嫁姑問題はどうする?

相談:二世帯住宅で楽しく生活していたのに、妻が母親と衝突することが増えてしまった

私は両親が経営している飲食店で、シェフとして働いています。

経営の中心は父親になるのですが、母親も父親を助けていましたので、私は子供のころから、自分がお店で働くようになったら結婚した妻もお店を一緒に手伝ってくれる方がいいと考えていました。

友人の紹介で知り合った妻は、本当に私が考えていた理想を現実化したような女性で、一緒にお店を盛り立てて行こうねと2人で話し合って結婚しました。

実際に結婚後は妻は家事はもちろんですが、お店も手伝ってくれて、お店の経営者である父親も非常に喜んでくれていました。

母親は口には出しませんが、喜んでいたのではないかと思っています。

私はしっかりと物事をこなしてくれる妻に本当に感謝していますし、夫婦の仲もとてもいいと思っています。

私たちは同じお店で働いているので、自宅も二世帯住宅に改修して住んでいるのですが、自宅の構造上の問題で共有スペースが思った以上に多く存在しており、妻と母親が衝突することは増えてきてしまいました。

衝突内容をそばからみている私としては、たいした問題で言い争っているようには思えないのですが、当事者の妻は私とは思いが違うようで、毎日辛いと漏らすようになりました。

私はなるべくなら心の休まる自宅で衝突をしてほしくはないですから、2人の間に入っておさめようとは思うのですが、どちらの言い分が正しいのか間違っているとかというレベルではないので、判断して何かを言おうにもどうしたものかと迷ってしまいます。

ですので、妻と母親が衝突した日には、その夜に内容をひたすら聞くという形になっています。

聞いている時にですが、妻が私に対しての不満を漏らすようにもなりました。

私としては嫁姑問題が離婚にまで発展してしまうのは不安なので、なんとか妻の気持ちがおさまるようにしたいのですが、何かいい方法はないのでしょうか?

回答事例:妻を最優先でその裏で母親へも対処を行いましょう

このような嫁姑問題が発生しているケースでは夫は自分の母親をかばう場合が多いので、それにより余計に問題の火種が大きくなってしまうこともあるようです。

今回のようなケースでは妻がすでに不満を持っているようですから、このまま放置しておけば夫婦の間にも亀裂ができてくるのは時間の問題ともいえるでしょう。

こういう場合には夫が優先順位をしっかりと決めなくてはいけません。

結婚した以上は家族という存在で最も優先する存在は妻であるという考えを持つべきだと思われます。

実際に戸籍を見てみれば実感すると思いますが、あなたの戸籍には妻が一緒に乗っていますが、両親は別の戸籍に存在しています。

戸籍制度の表記からも優先すべきは母親ではなく妻の方なのです。

さて、今回の対策ですが、共有スペースが多いのであれば、共有スペースを少なくするようにするとか、少なくしても妻と母親の衝突頻度が減らないようであれば、同居を解消することも考えておきましょう。

最近自宅を改装したので金銭的に苦しいとは思うのですが、それは無理と言ってばかりいては状況は改善されませんので、そのままでいては妻が夫は私が辛いと言っているのになにもしてくれないと感じるようになるでしょう。

金銭的に苦しいのであれば、もっと収入を増やすにはどうしたらいいのかを考えたり、妻の不満を解消するために自宅をさらにリフォームするなど考えていきましょう。

とにかく妻が同居が苦しいと思っているようであれば、狭いけどどこかの賃貸に引っ越すという提案をしてみるといいでしょう。

狭いから今のところでいいと返答されるかもしれませんし、引っ越したいというかもしれません。

今のところでいいと妻が返答した場合には自分がこれまで以上に妻に協力するという姿勢を見せることが大切になってきます。

夫が妻のために前向きに考えてくれるということは妻の安心感にもつながりますので、夫婦関係も強くなっていくでしょう。

妻を最優先に考えつつ、母親には妻のいない場所で母親も大切だということを言って安心させてはおきましょう。

気持ちだけかもしれませんが、気持ちの持ち方で人間はかなり変わってきますので重要になってきます。