私が親権を取る代わりに、夫の両親や親類との面接交渉権があげられています。守らなければいけないのでしょうか?

夫の不貞(浮気や不倫)が原因で、協議離婚することになりました。

子供の親権の問題では、夫の両親が子供は大切な我が家の跡取りなのに、私たちが親権を取りたいくらいだと言い離婚協議に口をはさんできて、離婚までに話し合いが夫とだけではなく、両親が入ってきてしまったので、激しく揉めてしまったのですが、なんとか私のほうが子供の親権を取ることで最終的には話し合いがまとまりました。

しかし、私が親権を取る代わりとして、夫の両親(子供にとって祖父母)や親類にも毎月1回は子供を面会させることという条件を出されてしまいました。

離婚する相手であり、子供の父親である夫との面会交流ならまだわかるのですが、どうして夫の両親や夫の親類にまで子供を毎月のように面会させなければいけないのか私には全く理解ができません。

このような条件は親権を取る代わりとして承諾しないといけないものなのでしょうか?

子供の祖父母が親権者になることはできず、面接交渉権もありません

両親以外の第三者が親権者になることはできません。

また法律上も、祖父母の面接交渉権というものは認められていません。

ですから、この場合に親権者となることと交換に祖父母や親類との面接交渉権を要求されたとしても、これを承諾する必要は全くありませんので、毅然とした態度で拒否しても大丈夫です。

ただ離婚する相手ということで、妻と夫の両親が雰囲気が悪かったとしても、子供には優しいおじいちゃんやおばあちゃんである可能性は高いかもしれません。

祖父母との面接交渉が子供の利益と福祉にかなうのであれば、敢えて祖父母との面接を強行に反対する必要もないでしょう。

離婚した後になってから、子供が父親以外にも祖父母にも会いたがるようであれば、そのときは会わせるといったような柔軟な態度で交渉してみるといいでしょう。