認知症の進行した相手と離婚できるのか?

私よりも10歳年上の妻は、50代の時にアルツハイマー型の認知症であると診断を受けました。

以来7年もの間、私は仕事をしながら妻の介護をしてきましたが、私自身が50歳を超えるあたりから自身の体力的なものや精神的なものに徐々にですが限界を感じてきていました。

妻の病状はすでに私が夫であるかどうかも認識できないほどに認知症が進んでいる状態で、なんとか駆けずりまわってようやく費用の安めの特別養護老人ホームに入所ができることが決まりました。

私としては妻の入所ということで一段落がついたこともあり、昨年から私のことを心配してくれて気遣ってくれる女性と交際しており、できることなら彼女と結婚して残りの人生を過ごしていきたいと考えています。

このような状況で離婚というものは可能なのでしょうか?

離婚後も妻の生活を援助でき、妻が平穏に暮らせるようなら可能かもしれません

このケースでは妻のほうに離婚の意思などの確認が認知症が進んでいることで不可能ですから、協議離婚や調停での離婚というものは不可能ですので、裁判で離婚が認められるかどうかにかかっています。

基本的に浮気などを起こした有責者(離婚原因を作った本人)からの離婚は認められないので、妻が認知症で意思が示すことができないとはいうものの、婚姻状態にありながら他の女性と交際しているというのは普通の場合だと夫が有責になるので離婚が認められることはないでしょう。

ですが認知症などの病気による場合だと多少変わってきます。

実際、アルツハイマー型認知症の妻を持つ夫が離婚請求をした裁判があります。

その裁判では夫側の主張が認められて離婚が裁判で認められました。

認められた理由としては妻がアルツハイマー型認知症で治療中であり、長期間にわたり夫婦間の協力義務を全く果たせていないので、子の場合は婚姻関係が破綻しているという理由で離婚を認めたわけです。

離婚が認められた大きな要素としては妻が24時間完全介護の施設である特別養護老人ホームに入所していることと、離婚後も夫が妻に経済的な援助をすることや、面会をすることなどを約束していることなども離婚が認められるポイントになったようです。

逆に認められなかったパターンとしては、妻が強度の強迫性精神障害からの回復の見込みがないということを理由にした離婚請求は裁判で離婚が認められませんでした。

これは離婚した場合に妻の生活が困窮することが明らかであったからのようです。

というわけで病気などで離婚を請求する場合には離婚後の相手の予想される生活レベルによって裁判所が判断すると思われます。

離婚してどちらかが困窮して生きていられないとなると、困ってしまいますからね。