相談:妻の借金が発覚し、金額的に返済できそうにないので、妻が離婚を希望した

幸いなことに会社の役員ということで、定年の年齢を過ぎても会社に残れることになりました。

子供たちはすでに独立していますので、これからはのんびりと働きながら夫婦2人で旅行に行ったりしてリタイア生活を楽しもうと思っていました。

その時に金融会社からの督促状をたまたま私が発見しました。

私は借金はしていませんし、妻あての郵便でしたので私はとても驚いてしまいました。

妻は結婚してから慎ましく、まじめて家事も完璧な主婦の鏡のような女性です。

子供にとっても自慢の母親だろうと思えるような素晴らしい存在です。

子供たちも私たち夫婦を理想の夫婦だと言って、尊敬してくれていました。

私はそんな妻が自慢でしたし、自分の人生にも十分に満足していました。

ですから、まさかこの年齢になって妻の借金で悩むことになるとは思っていませんでしたので、驚くことしかできません。

督促状を妻に見せたところ、妻は取り乱してしまいましたが、落ち着かせて話を聞いたところ、妻がすべてを話してくれました。

借金をするようになったのは最近ではなく、数年前からのことらしく原因はパチンコだということでした。

パチンコに借金をするほどのめり込むということは、妻はよほどストレスを感じていたのだろかと思うと、私自身も辛くなってしまい、妻の借金を責めることができません。

しかし、借金は元金と金利を計算するとすでに600万円近くになっています。

会社では役員待遇の私ですが、所詮は雇われている役員なので金額的には厳しいと言わざるを得ません。

これではこの先は、借金を返済するために働くことになり、旅行などを楽しむ余裕はとてもではないですができそうにありません。

妻は1つの提案として私と離婚して自信は自己破産すると言い出しました。

私は離婚をするつもりはないのですが、自己破産するべきなのでしょうか?

また偽装離婚してしまえばうまく済ませることができるのでしょうか?

回答:偽装離婚はダメです、2人で返済しながら自己破産をするかを考えていく道もあります

これまで借金やギャンブルについて1人で悩んでいた妻をあなたは不憫に感じているのではないでしょうか。

感じているのであれば、離婚は考えない方がいいと思います。

では突然発覚した妻の借金をこれからどのように対処していくかが、夫婦のこれからの人生で大きな意味を持つことになるでしょう。

自己破産も選択肢の中に入ることは確かです。

600万円の借金なら、自己破産して専門家への報酬を100万円と仮定したとしても500万円は負担が消える計算になります。

ですが、あなたは会社の役員ですから、返済可能なのであれば、安易にいきなり自己破産で片づけてしまうということは、それが最適なことかは疑問が残ります。

まずは、夫婦で借りている金融会社と話し合って、夫婦の現状を話して説明してみるべきでしょう。

今のままでは返済が苦しいことを話しを正直にするべきでしょう。

借金をした以上は返済しなくてはいけませんし、あなた方夫婦は返済をする意思がないというわけではないですから、借金の減額などの交渉を行うのが一番ふさわしい行動とも言えるかもしれません。

金融会社との交渉の際には、自己破産をすることも専門家からは進められていることを言うのは最適だと思います。

貸したほうが一番困るのは返済されないことですから、自己破産をされることが一番困るのは明らかですので、交渉にはある程度応じてくれるのではないでしょうか。

返済計画を新しくしてもらうことに成功したのであれば、夫婦でしっかりとお金をやりくりして夫婦2人の目標として返済していくのがいいでしょう。

旅行に行ったりしてリタイヤ生活を楽しむ予定とは異なってしまいますが、これまで支えてくれた素晴らしい妻を今度は支えてほしいと思います。

自己破産は本当にどうにもならない時の最後の手段としては考えておいていいと思います。

そのためにも専門家に相談はしておきましょう。

ただ、偽装離婚だけは絶対にしてはいけません。

必要もないだけではないですし、偽装離婚した事実が裁判所に判明すると大変なことになってしまいますので辞めておきましょう。