妻から夫へのDV

夫が妻からドメスティックバイオレンス(DV)を受けるケースが増加

ドメスティックバイオレンス(以下DV)と聞くと、多くの方は妻が夫から受けて苦しんでいると思われるのではないでしょうか。

実際にDVが問題になった当初は夫から暴力を受けて助けを求める妻のケースが大半であったようです。
しかし現在は夫が妻からDVを受けているケースが増加しており、警察への相談も年間で7000件ほどと見過ごせない数になってきています。

ただ、男性の心情を考えると本当にDVで苦しんでいるのは警察へ相談している7000件よりも現実は間違いなく数倍は多いと言えるでしょう。

「男ならそれくらい我慢すべきだ」や「自分の恥を周囲に軽く話すようなことはするな」などのように子供のころから教育されてきた男としての美学やプライドが相談をしたい気持ちを邪魔してしまい、なかなか本音を吐き出せない人はあなたの周囲を見渡してみてもたくさんおられるのではないでしょうか。

ある例の男性は妻の豹変に非常に驚いてしまったということです。

「一度怒りのスイッチが入ってしまうと男の自分でもとても止められなかった。一方的に暴言を吐かれ、殴られて精神的に完全に疲弊してしまった」

この男性は離婚をするまでには協議では成立することなく、結局第三者を入れての調停でようやく離婚が成立し、妻のDVから解放されたということです。

ここ5年で夫がDV被害者のケースは7倍近くにまで激増

先程の男性のケースを詳しく見ていきましょう。

全くDVを行うような女性に見えなかった男性の妻が豹変したのは、結婚から数か月経過したときのことでした。

妻が金銭にルーズで、今後の結婚生活で子供が生まれてからのお金やマイホームを購入するために貯金していたお金を男性に無断で使いこんでしまったので男性が注意したのがキッカケでした。

「あんたの稼ぎが少ないから私が貯金を使ってしまうんだ!!」

と自分の非を謝罪することなく逆上されたのが、男性がDVを受けることになる始まりだったようです。

一度逆上して怒鳴って以降は、妻の態度は一変して口調は明らかに高圧的に変化したそうです。

男性が少しでも言い返すと蹴られ、金属製の鍋でたたかれるようになりました。

男性がDVを受けるという認識が世間ではあまり認知されていないためか、男性が知人に相談しても、知人は「彼女がそんなことをするはずはないだろう」と信じてもらえなかったようです。

このように女性が男性に対して暴力をふるうようなことは基本的には考えられないという世間一般の人々の認識の低さというものが、実際として女性のDV被害者と比較して男性のDV被害者が苦しむことになる大きな原因だと思っています。

我々は、そのような男性が相談しやすいような環境を整えていくことも大切なことだと考えています。

妻の暴力はその後はどんどんエスカレートしていきました。

食事には洗剤を掛けられたり、真冬のバルコニーに一晩中閉じ込められて体調を崩したり、ひどいときには失神して意識を失うほどになるまで首を絞められたこともあるようです。

命の危険を感じてもうだめだと感じて男性は家から逃げ出して専門家に相談したようです。

その後は調停にまでもつれ込んだものの、離婚は成立して現在は平穏な暮らしをされているようです。

警察庁のデータによりますが、全国の都道府県の警察が2015年に確認した(相談を受けた数と実際に警察に通報があった数の合計かと思われます)配偶者からのDV被害は63141件になっています。

この中で、夫が被害者となったケースは7557件で全体の12%になっています。

ここ5年で夫が被害者となるケースは7倍近くにまで激増している模様ですが、先ほども指摘しましたが、男性が被害を訴える割合は低いことを考えると増加率は7倍どころではないと思って間違いないでしょう。

DVだけてなくモラハラも多い

理不尽な理由で罵倒する、夫の分だけ食事の準備や洗濯を無視するなど、直接暴力を伴わないモラルハラスメント(以下モラハラ)も増加しているようです。

自宅のバスルームやトイレを使わせず、銭湯や公衆トイレに行くように命令する妻、自分が行っているDV行為を周囲にばらされないための口止めとして、脅迫めいた言葉で夫を委縮させる妻など、女性である妻は力では夫にはかなわないので、モラハラで夫を精神的に追い詰めていくDVが多いようです。

ある自治体が自治体のDV相談窓口を利用した男性に、ここに来るまでに誰かに相談したかどうかを尋ねたところ、半数近い男性が一度も誰にも相談できなかったと話していますので、やはり男性としては相談しにくいという現状があるようです。

男性の被害者は女性に暴力で屈しているということを恥ずかしいことを感じてしまう方が多く、その恥という思いが相談を思いとどまらせてしまう原因になっていると思われます。

DVというのは女性だけが被害者になるのではなく、男性でも被害者になるのだということを理解していただいて、被害を受けた場合には遠慮なく相談をしていただきたいと思います。

最初はなかなか相談しにくいかもしれませんが、今の生活を変えたいと思うのであれば、一歩足を踏み出してほしいと思います。

被害の状況が分かれば、専門家はいくらでも対処が可能ですので安心して相談していただきたいと思います。

自分のことを守るためにも専門家に相談することは恥ずかしいことでもなんでもありません。

あなたは1人で苦しむ必要はないのです。

このお客様は女性ですがDVで苦しんでいたということは同じですので「娘をDVから救うことができました」もご覧になってみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA