間接強制とは?

面会交流の基本については面会交流とはなにか?をご覧ください。

裁判所からの履行勧告を無視して放置していると、相手側は、間接強制という手段を申し立ててくる可能性があります。

この間接強制は、簡単に言えば、会わせない代わりに金銭を支払いなさいという命令になります。

いわば、交通違反の罰金のようなものになります。

個人的な考えですが、この間接強制という制度にはかなりの違和感を覚えています。

なぜなら子供に会わせないからってお金を払わせるとか、もっといい方法があるのではと思うのですが、そうは言っても人間の内面を的確についた方法かなとも思えます。

人間は多くの方がお金に関しては敏感になるものですからね。

無視した場合の大まかな罰金の金額は3万円から5万円の範囲内のようですが、親権者の経済状態によって金額は違ってきます。

この間接強制すらも相手にすることなくスルーしてしまうと、裁判所側は養育費と同様の行為、要するにあなたの給与なり金融機関の口座なりを差し押さえすることが可能です。

間接強制の落とし穴

調書で面会交流が決まってるからといっても、どんな人でも間接強制に該当するということではありません。

この理由は、間接強制に該当するには、違反したかしていないかが確証が得られるような調停、または審判が行われていることが重要になってくるのです。

言ってみれば、実質上の面会交流の中身が要求されるのです。

離婚後は1か月に1回から2回面会交流を行うというような、ざっくりした内容では、間接強制は認められないことになっています。

親権者(監護者)にいかなる手段を駆使してでも面会交流をさせたいのであれば、内容はわかりやすく決めておくようにしましょう。

反対に、まだ小さいお子さんの面会交流だと、あまりに決め事を明確にしてしまうと、親権者(監護者)としては極めて行いにくくなってくることがあります。

小さいお子さんですと、成長に伴って状況はどんどん変わってきますし、子供の体の調子で面会交流をすることが難しいこともあるからです。

ルールで身動き取れないようにしてしまうのは、できるだけ避けた方が賢明です。

状況が変わればまた調停を行うという意識でいることも大切だと思われます。