子供が拒否したら猶予をあげることも必要

面会交流の基本については面会交流とはなにか?をご覧ください。

離婚した後、家族が別々に暮らす事になります。

子供は、面会交流などを通じて、一緒に生活していない方の親と会うなどの機会を得る事になります。

面会交流は、特に普段子供と一緒に生活できていない親にとっては、子供と会える、過ごせる貴重な時間でもあります。

しかし、面会を子供が拒否するというケースもあります。

拒否された親にとっては、ショックになる場合もあります。

普段一緒に過ごしている親でさえも驚く事がありますが、子供の本心はどこにあるのかについては、心の内を察してあげる事が大切です。

面会交流という言葉は、大人同士が理解できる言葉でもあります。

子供にとっては、特に小さい内には、離婚で親同士、家族同士が別々に生活する様になった事に、ショックを受けている場合もあります。

ケースによっては、子供の生活に環境の変化が出る場合もあります。

場所が変わる、付き合う人たち、周囲の人たちが変化する場合もあります。

子供にとっては、面会交流を楽しみにする以前に、家族が離れて生活する事に悲しみを覚えていたり、生活の変化によるストレスを抱えている事があります。

子供の本心としては、親に会いたいという気持ちがあって面会しても、元の生活に戻れる訳ではないため、状況を順序だてて受け止めきれない事があります。

唯、子供によっては、離婚以前の生活の中で、例えば親同士がいがみ合うのを日常見ていたり、聞いていたりしたというケースもあります。

そうすると、嫌な記憶として残っている可能性があり、面会交流する事よりも、現在のままの生活を望む場合もあります。

子供の本心としては、静かな環境を望んでいる可能性があり、嫌な記憶から開放されたい状況になっている場合もあります。

永遠に面会交流を子供が拒否すると捉えずに、やがて環境が落ち着くと、子供の気持ちも変化する事があります。

小さい子供の場合には、これからからだや精神的な部分でも成長していく事になります。

学校生活の中で人間関係が形成され、やがて社会経験を積む事になり、人間形成が行われていく事になります。

時間の経過と共に、親同士の立場や離婚を理解できる様になって、子供が拒否するという事がなくなる事もあります。

子供によっては、自分から別の親にも会いたいと申し出る様になる事があります。

子供にも少し猶予をあげる事で、子供の本心が変わる可能性もあるという事を、親が互いに理解してあげておく事も大切です。

余り無理強いをしない方が、子供の心を傷付けずにおける場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA