離婚とお金

離婚で動くお金の行方

question:

突然妻の方から離婚するつもりであると告げられました。
夫の定年と同時に離婚して「これまでの主婦という立場から解放されたい」との想いが妻の気持ちということです。
このような場合で離婚した場合にはお金の問題はどのようなものが考えられるでしょうか?
離婚となると、お金もいろいろと動くことは想像できます。

answer:

離婚によって夫婦でお金が動く場合としては、婚姻期間の財産を分ける財産分与、夫婦のどちらかに離婚の原因があった場合に支払うことになる慰謝料、子どもが健全に成長していくために必要な養育費などが代表的なものになるでしょう。

では先ほど挙げた3つのお金に関して詳しく説明していくことにしましょう。
まず離婚の場合には2人で財産を分けなければいけません。
結婚している間に作った財産は、たとえ夫だけが働いていて妻が専業主婦であったとしても、夫婦2人で作り上げたものですから、2人の共有財産ということになります。
共有財産となるのは、単純に現金だけではなく、生活のために購入した車や自宅、家具などの日常的なものから、年金や投資信託なども含まれることになります。
夫婦の財産をわけることを財産分与と呼んでおり、先ほど例を挙げた夫が働いており妻が専業主婦の場合には夫から妻に財産分与という形になります。
現在は夫婦共働きという世帯が増加しているので、夫側からだけということは断言できませんので、夫婦の財政状態によって変化してくることを覚えておきましょう。

財産分与の他に、離婚の原因が夫から妻の行動や態度にあった場合には、慰謝料が発生することになります。
大きながん違いをしている方がいますので最初に述べておきますが、ニュースなどで芸能人の離婚が報道されると夫側が妻側に慰謝料を支払うことが定番になっていますので、離婚すれば必ず夫が妻に慰謝料を支払うことになるのだと思っている方が一定数おられます。
ですが絶対にそのようなことはありません。
夫が悪くもないのに妻に慰謝料を支払うことなどありえないのです。
妻が浮気をして夫と家庭をないがしろにして家庭崩壊の原因を作ったのであれば、慰謝料は妻が夫に支払うことになるのです。
法的な言葉ですと離婚の原因を作った人を「有責配偶者」と呼んでおり、責任のある方が夫か妻に関係なく相手に支払うということになります。

離婚時に夫婦の間に小さい子供がいた場合には養育費が発生することになります。
養育費は子どもの権利ですので慰謝料を支払ったから養育費は支払わないということは原則的には通用しないと考えてください。
養育費は離婚することによって親権を確保した側が受け取ることになるお金です。

また昨今では熟年離婚が増加していることにより、年金分割もお金の問題では大きなウェイトを占めていることになるでしょう。
年金分割は直接にお金を支払うわけでなく、入ってくる予定の年金額を2人で分けることになりますが、お金が動くという意にでは同じと言えるでしょう。

離婚で必ず発生するお金として「財産分与の請求とは」もご覧になってください。