婿養子の離婚

婿養子ですが、離婚したら配偶者の親の財産の相続の権利はなくなるの?

question:

私は老舗の醤油生産メーカーの婿養子です。

私の職人としての評価は高いようで、妻の父親から会社の跡取りとして期待されていました。

しかし、妻と性格が合わず、私は離婚したいと考えています。

結婚時に妻の両親と養子縁組をしていますが、離婚した場合には妻の親の財産を相続する権利はどうなるのでしょうか?

なくなってしまうのでしょうか?

妻の親との養子縁組を解消しないかぎり相続できます

answer:

一般的に婿養子とは、妻の戸籍に入り、妻の親と養子縁組をすることをいいます。

単に妻の戸籍に入るだけで、妻の親とは養子縁組しない場合も婿養子と言われることもありますが、法律的には婿養子とはみなされません。

このケースでは妻の親と養子縁組を結んでいますので、完全に親子関係が発生しているということになります。

ですから妻と離婚しても、妻の親との養子縁組を解消しないのであれば、妻の親の財産を相続する権利は残ることになります。

離婚した以上は妻との養子縁組も解消したいというのであれば、離縁手続きを行う必要が出てきます。

自分の子供と離婚した相手と養子縁組を継続しておきたい場合というのは、かなりのレアケースだとは思いますが、このケースのように老舗の味を守る職人として大切であるなどの場合には継続することもあるかもしれません。

このケースでは妻の親から職人として高く評価されているので、跡継ぎとして離婚したとしても養子縁組が継続されるかもしれませんが、こればかりは人の気持ち次第なのでわかりません。

離婚も含めてですが、結婚生活での親との関係などにもよるかと思います。

婿養子の場合でも離婚するには取り決めが必要ですので「口約束は危険信号!!離婚協議書作成を!」もご覧になってみてください。