浮気で離婚

夫の浮気が原因で別居中。離婚が成立するまでの生活費を夫に請求できますか?

question:

夫は付き合っている当初から女性にだらしなく、結婚後も何度も浮気をしては、そのたびにもう二度と浮気をしないという謝罪を繰り返してきました。
謝罪をされたときに誓約書なども書かせていればと思うのですが当時は別れたくないので深くは追求しませんでした。

しかし最近また悪い虫が出てきたようで、同僚の女性との浮気が発覚しました。

さすがに何度もされてきた私も限界に達しまして、離婚を前提に子供を連れて家を出ており現在は別居中です。

離婚に向けては現在協議離婚ができるように話し合い中ですが、離婚が決まるまでの別居期間中の生活費を夫に請求したいと思うのですが、可能なのでしょうか?

別居中の生活費は請求することができます

answer:

たとえ別居していたとしても、夫には夫婦の生活費と子供の養育費(これを合わせて婚姻費用と言います)を分担する義務があります。

この義務は法律(民法)に決められているものです。

一方と別れて暮らしていても、婚姻費用は支払わなくてはなりません。

婚姻費用を支払うという事実を夫が知らないのであれば、離婚協議をする際に夫と話し合ったうえで、婚姻費用の金額を定めて請求するというでしょう。

婚姻費用の額に関しては各家庭の収入の状況によりますので、定額でいくらということはできませんので話し合いで決めるようにしてください。

一応の目安として算定票というものが裁判所から出されています。

当ページにもケースバイケースの算定票を載せる予定にしていますので、それを参考にしてくださればよろしいかと思います。

今回のケースでは夫が浮気癖ということなので、有責性は夫にあると思われますので、それを夫が自覚していれば、今後の離婚協議を有利に動かすために、素直に自分の非を認めて婚姻費用をあっさりと出してくれるかもしれません。

夫が話し合いをして事実を知ったとしても自主的に婚姻費用を支払ってこない場合には、家庭裁判所に婚姻費用の分担の調停を申し立てましょう。

家庭裁判所では、夫婦の資産状況、収入、別居にまで至った状況への夫婦双方の有責性ほか一切の事情を考慮して算定し、夫に婚姻費用を支払うように命じます。

離婚時の慰謝料詳細に関しては「慰謝料について」の部分をご覧になってみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA