離婚後の住宅ローンの支払いは誰?

2017-04-08

離婚と住宅ローン

離婚後も今の場所に住みたいがローンは夫に支払ってもらえる?

question:

夫と協議離婚で話が進んでいます。

小学生の子供を引っ越しで転校させるのがかわいそうなので、このまま離婚しても現在のマンションに住み続けていきたいのですが、マンションのローンがまだ完済しておらず、残っている状態です。

私としては自分にローンを支払うほどの経済力が離婚してしまうと現在のところはありませんので、このまま夫に支払ってもらいたいのですが、夫の言い分としては自分の住まないマンションのローンまで支払うのは不可能だと主張しています。

そもそも養育費と自分のこれから住むマンションの家賃で精いっぱいなのでローンは住みたいのであれば自分で払ってほしいと言われています。

私は自分でローンを支払っていくしかないのでしょうか?

原則的にローンは名義人が支払うことになります

answer:

このケースで一番の問題となるのはご自宅のマンションの名義が誰なのかということになるでしょう。

夫名義であるのか、妻の名義であるのかで状況ががらりと変化します。

一般的には世帯主になることの多い夫名義であることが多いのでここでは夫の名義であると仮定してその場合を説明していきます。

あなたの家庭が妻名義の場合には、この状況を逆にしてあなたの家庭のパターンに当てはまるかどうか確かめてください。

さて、夫の名義とした場合にはローンは夫の名義で組んでありますので、夫がどうしても支払いたくないと言ったとしても、ローンの支払い人が夫になっている限りは、ローンの請求は夫のほうに行くことになります。

夫がその請求を無視してローンを支払わなかった場合には金融機関のブラックリストに入ってしまい社会的な信用を失うことになってしまいます。

ここまでされても夫が頑なにローンを支払わない場合にはローンの対象になっている物件(この場合にはマンション)を差し押さえられることになります。

差し押さえられると裁判所が競売にかけてしまうことになりますから当然ですが、離婚前のように住むことはできませんので、今後も住みたいという妻の希望はかなえられなくなってしまいます。

離婚時に財産分与などでマンションを夫から譲り受けたのかなど、それぞれの家庭により状況は異なるとは思いますが、マンションに住み事が最大の条件なのであれば、養育費とローンを相殺して夫に支払ってもらうなどの交渉を協議の時にしておくとよいでしょう。

その時にはくれぐれも後で言った言わないにならないように、離婚協議書を作成しておきましょう。

そして何度も言っているようですが、協議書は公正証書で作成しましょう。

離婚協議に関しては「協議の時に決めておくとよいことについて」をご覧になってみてください。

Top