保険の権利の移動をしたい

2017-01-30

自動車保険

自動車保険の財産分与したときの手続きは何が必要か?

結婚生活の間に共同で使用していたクルマを財産分与で配偶者の所有物とすることにし、保険も引き継ぐことに決めました。

この場合には税金などの問題もありますから、変更の手続きが必要と聞いたのですが、どのような手続きをしておく必要がありますか?

名義変更と保険の等級変更は忘れずに

必要になる手続きは、名義変更と等級継承の2つということになります。

自動車保険は、無事故で継続していけば、等級が上がり、保険料がだんだんと割引される制度となっています。

離婚によって所有者を変更してクルマと保険を配偶者が引き継ぐ場合には、離婚する前に手続きをするようにしてください。

名義変更は同居している親族の間では問題なくできますし、もし離婚前で別居中というような場合であっても戸籍が同じであれば変更することは可能です。

なぜ離婚前に行うことを進めるかと言えば、離婚してしまうと他人に譲るということになり、変更の手続きが大変複雑になってしまうからです。

名義変更をする場合には契約している保険会社に変更することを連絡したうえで手続きを行います。

その場合に記入することになる変更の書類には前の契約者と新しい契約者の印鑑が必要になりますから、しっかりと話をしたうえでお互いの合意のもとに行うようにしてください。

勝手に行ってしまうと後々トラブルを抱えてしまうことにもなりかねませんので早急な行動は慎むようにしてください。

離婚後に姓や住所の変更があった時には、保険会社に必要な書類を提出して手続きをすれば保険関係の手続きは終了ということになります。

保険だけでなく、クルマ本体の名義を変更することも忘れないでください。

クルマ本体の名義というのはクルマの車検証の中に書いてある所有者のことになります。

クルマの名義変更は、あなたの住所を管轄する陸運支局で行うことになります。

住所によっては近くにある場合もありますし、非常に離れている場合もあります。

そこまで難しい手続きではないかもしれませんが、不安なようであれば最大でも2万円程度で専門家が行ってくれますので、お願いすると安心して生活を始めることができると思います。

保険も含めて財産分与に関しては「財産分与の請求とは」もご覧になってください。

Top