離婚

監護権とはどんなもの?

監護権は親権とは違う 監護権というのは、離婚した後に子供を引き取って、一緒に暮らす保護者(父または母)の未成年の子供に対する権利のことを指しています。 離婚の時には父親と母親のどちらが親権や監護権を持つのかについては、揉める内容の最も多い部分と言えるほどです。...

離婚後の在留資格

離婚後の在留資格(ビザ) 日本人と結婚して日本に住んでいる外国人には、「日本人の配偶者等」の在留資格が認めれれます。 夫婦仲が悪くなって、別居中であるとか、離婚調停・離婚訴訟の継続中である場合には、日本人の配偶者から在留資格の更新手続きに必要な協力が得られないため、「日本人の配偶者等」の在留資格が不許可にされることがあります。...

外国人との離婚手続き

外国人との離婚手続き 日本人と外国人の夫婦の離婚手続きについても、日本人同士の夫婦と同様、日本の裁判所に管轄があり、調停・訴訟を申し立てることができます。 日本人と外国人の夫婦の離婚については、どの国の法律が適用されるのかについては、以下のように3つ定められております。...

家庭裁判所はどんな場所?

離婚のときに登場する家庭裁判所とは? 家庭裁判所というのは、家庭に関する事件の審判(家事審判と呼ばれています。)や調停(家事調停と呼ばれています。)、少年の保護事件の審判(少年審判と呼ばれています。)などで登場する裁判所のことです。 家庭裁判所は原則的には各都道府県の県庁所在地に本庁が設置されており、県庁所在地以外の場所には家庭裁判所の支部や出張所も設置されています。...