結婚

時代錯誤の民法?

現在は男性は18歳から結婚することができ、女性は16歳から結婚ができると民法と呼ばれる法律で決められています。

ただ、昔のように結婚の年齢も早く、寿命も短かった時代の決まりを現代の基準にも当てはめるのはあまりにも不自然ということになるでしょう。

民法はもともとは明治時代にできたもので、そこから多少は改正されてきているものの、大幅に現代に照らし合わせて変えているとはいえないのです。

成人年齢が20歳で、選挙権は18歳となっていますが、それよりも結婚という家庭を2人で作っていくというどのように考えても大変な行為が16歳から可能なのはどうしてもおかしいと思ってしまいますね。

条例との整合性も

あなたのお住まいの自治体のホームページを確認できるのであれば、是非確認していただきたいのですが、ほとんどすべての都道府県では18歳未満の青少年との性行為を行うと青少年保護条例などで逮捕されるということになっています。

結婚できるのに逮捕されるのはおかしいだろ!!と思うのは当然ですね。

このような条例などとの整合性も考えて今回は女性の結婚可能年齢を18歳に引き上げることになったようです。

ただ晩婚化が進み、若者の貧困化が進んでいるので、結婚可能年齢を18歳にしたことがどの程度の意味を持つのかは実際に法律が改正されて施行されてみないとわからないと思います。

女性の結婚に関しては「女性の再婚禁止期間に変化か?」もご覧になってください。