面会交流について

面会交流における間接強制とは

間接強制とはどのようなもの? 裁判所からの履行勧告を無視して放置していると、相手側は、間接強制という手段を申し立ててくる可能性があります。 この間接強制を、簡単に説明すると、子どもと会わせない代わりに相手に対して金銭を支払いなさいという命令になります。...

調停・審判で決まった面会交流の場合

調停・審判で決まった面会交流 面会交流については、子どもがいる夫婦の離婚調停においては、例外なしに議論のひとつとして発生してくるでしょう。 離婚が成立した後も、一定間隔で相手サイドと子供が面会できるように、決めることになります。...

養育費を払わない親には面会交流させない

養育費を払わない親には面会交流させない 離婚後、子どもがいる家庭では、親は離婚したとしても子どもに対する責任があることから、定期的に面会交流を図ることがあります。 しかし、離婚してから年月が経ってくると、離婚時に約束していた養育費を払わない親が増えてくることもあるといわれていますし、実際に日本でも養育費の未払いは大きな問題になっています。...

面会交流の拒否は可能か

面会交流を拒否できる理由はあります 「配偶者(夫または妻)からの暴力が尋常ではなかった」・「子供への暴力行為があった」・「子供の両親(夫婦のことです)の喧嘩がひどいため、子供への悪影響がある」・「子供が会いたいと言わない」などの 原因があるケースでは、例え相手から面会を要求されたとしても、有無をいわさず面会を拒否して構わないでしょう。...

子供が不安定になったら気持ちを最優先に

子供が不安定になったら気持ちを最優先に 離婚をした後、当事者同士は別れたままで済みますが、他の家族にとっては、家族同士で会える機会が必要になる事もあります。 特に、家族の中に小さい子供や成長期の子供がいる場合には、子供の精神面での配慮などもしながら、面会交流を実施する事が非常に大切になってくるのです。...

再婚と面会交流について

再婚と面会交流について 面会交流とは、離婚して親権者にならなかった方の親が、離れて暮らす子供と会うことであり、権利として法律で定められているものとなります。 親権がある方の親を「監護親」、親権がない方の親を「非監護親」といいます。...

面会交流調停とは?

面会交流調停ってなに? 面会交流とは、離婚後または別居中に子供を養育・監護していない方の親が、子供との面会等を行うことを総称して呼ばれています。 基本的には面会交流の具体的な内容や方法については、まずは離婚の話し合いを行う段階で父母の話し合いで決めることが最適だと考えています。...

面会交流で孫が祖父母に求めるもの

面会交流で孫が祖父母に求めるもの そもそも面会交流とは、離婚後に親権を持たなくなった親(非監護親)が、離れて暮らす子供に会う権利のことですので、祖父母との面会交流を主体に考えるのは制度からしても困難であると言えるでしょう。 子供の養育監護のひとつとして、面会交流が法律で定められているためだからです。...