最新夫婦問題事情

不倫相手に慰謝料請求は請求できない!?

不倫相手へ慰謝料請求できないと裁判所が判断 離婚が配偶者(夫または妻)の不倫であった場合に、配偶者本人ではなく、不倫相手に対して離婚の慰謝料請求ができるかどうかが焦点となっていた裁判があり、最高裁判所で初めての判決が出されました。 裁判での争いになったのは、離婚した場合の精神的な苦痛を受けたことによる慰謝料でした。...

嫡出否認は夫のみは合憲に!!

民法のルールが問題になった 日本の民法と呼ばれる法律では、生まれた子供との父子関係を否定する「嫡出否認」を主張することができるのが、夫婦で夫にしか認められていません。 そして、その夫にしか嫡出否認を認めていないことが、男女は平等であるとされている憲法の内容に違反するのではないかということで、争われた裁判の判決が、最高裁判所で出されました。...

DVの連鎖の悲しい事件

虐待事件で母親に懲役8年の判決 東京都目黒区で5歳の女の子が、両親から虐待されて死亡した事件の裁判がありました。 父親と母親が別の裁判となっているので、最初に判決が出されたのが母親になるのですが、裁判所は母親に保護責任者遺棄致死罪で懲役8年の判決を出しました。...

同性カップルの事実婚を認定

日本では認められていない同性カップルの婚姻関係 海外では同性婚が法律で正式に認められている国や地域が一部ありますが、日本では現在は夫婦のように婚姻届けを提出して正式に婚姻をしていることを証明することはできません。 ですので、日本では法律が変わらない限りは事実婚が認められるかどうかがポイントとなってくるのですが、同性カップルの事実婚を認定する裁判の判決が日本でも地方裁判所レベルの判決ですが、出てきました。...

もしかしてDVかな?と判断するために

あなたはDVの被害者になっているかも! DVの被害者は意外と第三者から指摘されるまでは気が付かないものです。 ここではDVの例をいくつか挙げていますので、その内容を参考にしていただいて、あなた自身がDVの被害者になっているかどうかを判断していただければと思います。...

アンガーマネジメントを考えてみる

DVを抑えるための手法の1つとして 感情のコントロールを自分自身で上手におこなうことができるための手法の1つとしてアンガーマネジメントというものがあります。 多くのDVは種類は多々ありますが、何かしらの怒りによって引き起こされることがほとんどですので、DVに悩んでいる被害者だけではなく、DV加害者本人もアンガーマネジメントの必要性を理解したうえで、各地で開催されているアンガーマネジメントのセミナーなどに積極的に参加して、学ぶことは大切なこととなるでしょう。...

強制不妊救済法が成立

強制不妊救済法が成立しました 1948年~1996年まで存在した優生保護法の下で、障害者の方などに強制的に不妊手術が行われていた問題で、不妊手術を行われた被害者の方への反省とお詫びと一時金320万円の支払いを盛り込んだ救済法が、参議院本会議で全会一致で可決されて成立しました。 救済法は国会で成立した日に施行されて、2019年4月25日からは各都道府県の窓口で被害者の方の申請受付が本格的にスタートすることになります。...

夫婦別姓訴訟は棄却される

夫婦別姓訴訟は棄却される 夫婦の関係としては注目の裁判の判決が3月にありました。 多くの方がご存じがもしれませんが、日本では婚姻届けを出す際には夫か妻のどちらかの姓を選択しなければいけないこととなっています。...