離婚について

子の奪取について

子の奪取について 子どもは、父母の婚姻中は父親と母親の共同親権に服することになっていますが、父母が別居して共同監護ができない状態になり、かつ監護について父母間で意見が一致しない場合には、家庭裁判所に対して看護者の指定と子どもの引き渡しを求める審判を求めることになります。 子どもに差し迫った危険があるなど、裁判所の審判の確定を待っていては、逆効果となり目的を達することができないというような事情があれば、仮に子供の引き渡しを求める審判前の保全処分を利用することもできます。...

夫婦の離婚にまつわる法律

夫婦の離婚にまつわる法律 結婚する男女が婚姻届を提出すれば、それぞれの男女は親元の戸籍から除籍されて、新しい夫婦を単位とする戸籍が作られることになります。 結婚のことを入籍というのは、何も夫の戸籍に妻が入ることをいっているのではなく、お互いが現在の戸籍を離れて、新しい戸籍に入ることから入籍という言葉が使用されることになるのです。...

離婚した後に1人の恐怖が襲う

離婚したのに気持ちが前向きになれない 結婚生活中は、自宅で一緒にいるだけでも嫌気がさして、とにかく別れたいとばかり思っていた夫と、なんとか離婚成立までこぎつけることができました。 離婚できたら、1人になることで気持ちがすっきりするだろうと思っていたのですが、逆にこれから1人で生きていくことができるかどうかという不安が襲ってきて、毎日怖くてたまりません。...

離婚後の再婚を考える

再婚相手を探すべきかどうか 離婚して実際に1人になると、これからの新生活を1人で過ごしていくのは寂しいと思うようになりました。 離婚直後は、肩の荷が降りた気持ちで1人の方が楽だと思っていたのですが、時間をたつにつれて1人の生活の寂しさを感じるようになっています。...

離婚したのに精神的に落ち着かない

離婚できたのに精神的に不安定になる 時間がかかったものの、ようやく離婚が成立しました。 離婚する前は、離婚したらやりたいことなど希望に満ち溢れていたのですが、実際に離婚が成立して1人になってみると、離婚前に思っていたこととことなり、精神的に不安定で離婚前に考えていた行動になかなかうつせなくて困っています。...

不倫相手に慰謝料請求は請求できない!?

不倫相手へ慰謝料請求できないと裁判所が判断 離婚が配偶者(夫または妻)の不倫であった場合に、配偶者本人ではなく、不倫相手に対して離婚の慰謝料請求ができるかどうかが焦点となっていた裁判があり、最高裁判所で初めての判決が出されました。 裁判での争いになったのは、離婚した場合の精神的な苦痛を受けたことによる慰謝料でした。...