妻のDVに苦しむ夫が増えている

DV被害者は妻だけだと思っていた 今回は最近よく問題になるDV(ドメスティックバイオレンス)についてです。 夫が妻からドメスティックバイオレンス(DV)を受けるケースが増加 ドメスティックバイオレンス(以下DV)と聞くと、多くの方は妻が夫から受けて苦しんでいると思われるのではないでしょうか。 実際にDVが社会問題になった当初は、夫から暴力を受けて公的機関などに助けを求める妻のケースが大半であったようです。 しかし現在は夫が妻からDVを受けているケースも増加してきており、警察への相談も年間で7,000件ほどと、決して見過ごせない数になってきています。 ただ、男性の外に相談するのが難しいといった心情を考えると、本当に妻からのDVで苦しんでいるの方は警察へ相談している7,000件よりも現実は間違いなく数倍は存在していると考えてもいいでしょう。 「男ならそれくらい我慢すべきだ」や「自分の恥を周囲に軽く話すようなことはするな」などのように子供のころから教育されてきた男としての美学やプライドが相談をしたい気持ちを邪魔してしまい、なかなか本音を吐き出せない人はあなたの周囲を見渡してみてもたくさんおられるのではないでしょうか。 ある例の男性は妻の豹変に非常に驚いてしまったということです。 「一度怒りのスイッチが入ってしまうと男の自分でもとても止められなかった。一方的に暴言を吐かれ、殴られて精神的に完全に疲弊してしまった」 この男性は離婚をするまでには協議では成立することなく、結局第三者を入れての調停でようやく離婚が成立し、妻のDVから解放されたということです。 ここ5年で夫がDV被害者のケースは2倍以上に増加している 先程の男性のケースを詳しく見ていきましょう。 全くDVを行うような女性に見えなかった男性の妻が豹変したのは、結婚から数か月経過したときのことでした。 妻が金銭にルーズで、今後の結婚生活で子供が生まれてからのお金やマイホームを購入するために貯金していたお金を男性に無断で使いこんでしまったので男性が注意したのがキッカケでした。 「あんたの稼ぎが少ないから私が貯金を使ってしまうんだ!!」 と自分の非を謝罪することなく逆上されたのが、男性がDVを受けることになる始まりだったようです。 一度逆上して怒鳴って以降は、妻の態度は一変して口調は明らかに高圧的に変化したそうです。 男性 … 続きを読む 妻のDVに苦しむ夫が増えている