不貞行為と離婚

不貞行為と離婚

不貞行為と離婚 相手方配偶者(夫はまたは妻のことです)に不貞行為がある場合、これからの婚姻の継続が相当と認められる事情がなければ、他方の配偶者からの離婚請求がみとめられることになります。(民法770条1項1号、同条2項) 不貞行為とは、配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいいいます。...