児童扶養手当

生活保護と児童扶養手当

生活保護と児童扶養手当 児童扶養手当は、児童が父又は母の死亡について支給される公的年金給付を受けられるとき等の場合には、支給されません。 公的年金給付とは、国民年金法や厚生年金法等に基づく年金給付等をいいます。母や養育者が生活保護を受けている場合については、特に不支給の規定はなく、生活保護給付に加えて、児童扶養手当も追加して支給されます。...

児童扶養手当と養育費の関係

児童扶養手当と養育費の関係 児童扶養手当の支給は、婚姻を解消した父親等が児童に対して履行すべき扶養義務の程度または内容を変更するものではありません。 児童扶養手当は、父親の扶養義務を免除・軽減するためのものではなく、私的扶養義務が尽くされても、なお困難な状態の解消が図られない母子家庭等を公費によって援助する趣旨のものであることを明示した規定です。...

児童扶養手当請求の手続き

児童扶養手当請求の手続き 児童扶養手当を受給するには、手当の受給請求をおこない、受給資格、手当額について都道府県知事の認定を受けることが必要となります。 法律上の受給資格を有していても、認定請求手続きをとらなければ、手当はもらえないことになりますので、手当を貰いたいと考えている場合には自主的に行動しなければならないことを忘れないでください。...

児童扶養手当の受給資格

児童扶養手当の受給資格 法律で定められている児童の定義とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者等をいいます。 児童扶養手当の受給資格は、法律の定義に当てはまる児童に対して支給されるものとなります。...