財産分与の対象

財産分与の対象

財産分与の対象 離婚をすることになって財産分与を話し合う場合に絶対に注意をしなくてはいけないのは、夫婦の一方が婚姻前から所有していた財産や、相続などによって単独名義で取得した財産は、分与の対象にならないという事実でしょう。 たとえ一方の単独名義になっていても、結婚生活の中で夫婦が協力して形成した財産という実質(証拠と考えていいでしょう)があれば、実質的財産として財産分与の対象になります。...