電話等禁止命令

保護命令制度について知っておこう

裁判所がおこなう保護命令制度とは? すでにDVを配偶者から受けており、そのDV行為(暴力行為や脅迫行為)がさらに強くなった場合で、被害者であるあなたが生命または身体に重大な危害(単純に説明すればDV行為で殺されるかもしれない危険があるということです)を受ける可能性が大きな場合には、裁判所に申し立てることでDV加害者に対して保護命令を出すことができます。 ここでいう配偶者とは、婚姻している夫または妻だけではなく、事実上婚姻関係と同様の事情にあるもの(内縁関係)や生活の本拠を共にする交際相手(同棲している場合)も含まれますので、婚姻していないので、保護命令制度は利用できないと諦めないでください。...