面会交流

相手側が面会交流を拒否した時

相手側が面会交流を拒否した場合 統計によると、離婚調停中の子と別居している親と子の面会は、月1回行っている場合が28%、月2回行っている場合が13%、2か月に1回行っている場合が9%、1年に1回行っている場合が8%、それ以外には特に頻度を当事者間で定めていないとなっております。 この辺りのデータを見ると決めていない場合もあるようですが、しっかりと子供と面会したいという希望が親のほうにあるのであれば協議離婚であれば離婚協議書を作成する段階でしっかりと作り上げておくことが非常に重要になってきます。...

面接交渉権の法的性質

面接交渉権の法的性質 親権者もしくは監護権者とならなかった親と未成年の子の面接交渉は、離婚訴訟を起こしても判決で未成年の子との面接交渉をさせるよう命じてもらうことはできません。 未成年の子の新意見者、財産分与と慰謝料の額についてだけ取り決めたうえでまず離婚を成立させ、離婚後の紛争についての調停または審判を申し立てて未成年の子との面接交渉を求めるのがよいでしょう。...

面会交流における間接強制とは

間接強制とはどのようなもの? 裁判所からの履行勧告を無視して放置していると、相手側は、間接強制という手段を申し立ててくる可能性があります。 この間接強制を、簡単に説明すると、子どもと会わせない代わりに相手に対して金銭を支払いなさいという命令になります。...

調停・審判で決まった面会交流の場合

調停・審判で決まった面会交流 面会交流については、子どもがいる夫婦の離婚調停においては、例外なしに議論のひとつとして発生してくるでしょう。 離婚が成立した後も、一定間隔で相手サイドと子供が面会できるように、決めることになります。...

養育費を払わない親には面会交流させない

養育費を払わない親には面会交流させない 離婚後、子どもがいる家庭では、親は離婚したとしても子どもに対する責任があることから、定期的に面会交流を図ることがあります。 しかし、離婚してから年月が経ってくると、離婚時に約束していた養育費を払わない親が増えてくることもあるといわれていますし、実際に日本でも養育費の未払いは大きな問題になっています。...

面会交流の拒否は可能か

面会交流を拒否できる理由はあります 「配偶者(夫または妻)からの暴力が尋常ではなかった」・「子供への暴力行為があった」・「子供の両親(夫婦のことです)の喧嘩がひどいため、子供への悪影響がある」・「子供が会いたいと言わない」などの 原因があるケースでは、例え相手から面会を要求されたとしても、有無をいわさず面会を拒否して構わないでしょう。...

子供が不安定になったら気持ちを最優先に

子供が不安定になったら気持ちを最優先に 離婚をした後、当事者同士は別れたままで済みますが、他の家族にとっては、家族同士で会える機会が必要になる事もあります。 特に、家族の中に小さい子供や成長期の子供がいる場合には、子供の精神面での配慮などもしながら、面会交流を実施する事が非常に大切になってくるのです。...